ー木に囲まれた静かなオアシス、子供がのびのびと遊んで学べる『私立杉並幼稚園』ー

私立 杉並幼稚園耐震補強工事 設計・監理 株式会社ベル建築研究所 / 施工 鈴吉建設株式会社

私立杉並幼稚園全景……
 
設立は大正14年(1925)6月、都会でも数すくなくなった木造幼稚園である。子供達には暖かい木造保育室で教えたいとの教育方針から、新しいコンクリートの建物を建てるのでなく耐震補強工事を施し木造校舎を残すことにした。 幼児保育室は4部屋あり、どの部屋も懐かしい暖かい木のインテリアである(次ページ参照)。園庭は子供達が飛び跳ねて遊べる土の庭と子供が大好きな砂場。
 
 夕方、幼稚園の暖かいタングステン照明は、近隣のかたにも好評です、幼稚園のわきを歩くとほのぼのとした暖かい気持ちになると言われています。園舎の裏側には鎮守の森、由緒ある馬橋稲荷神社が鎮座している静かな環境です。

遊戯室……写真
 先生と園児全員が集まることの出来る遊戯室。校庭からも自由に出入り出来るように大きな開口部をもうけました。左側には先生達の職員室があります。写真はパノラマで広い範囲を見るため加工してあります。
廊下とトイレ扉トイレ扉トイレトイレ2
各保育室の廊下にある下駄箱、保育室から前の校庭に出ることが出来る。のびのび遊んだ園庭から、元気な子供たちが保育室に駆け込みます。保育室廊下壁際には子供達の下駄箱が並びます。便所は2カ所……どちらの便所も男女兼用で便器の高さも子供達の高さに合わせてあります。入り口扉も鉄製の飾りとガラスの引き戸。
トップに戻る    次のページに幼児保育室の詳細があります。