ー耐震補強、地震の横揺れに抜けない柱を作り、倒壊を防ぐー トップに戻る
アンカーボルトとホールダウン金具写真 アンカーボルトとホールダウン金具
 基礎と土台をしっかりと固定するのがアンカーボルトである。写真は新築時であるが、経年で緩む場合がある、耐震診断で確認したい。
下写真、長い金具はホールダウン金具を付けるボルトである。
アンカーボルトとホールダウン金具写真
羽子板金具写真 垂直を検査する器具
くさび写真 羽子板金具写真
柱の垂直を確認する器具

羽子板金具
 柱が抜けないように、穴を開けてボルトで留める。これらの金具は1981年以降の建築基準法で義務化されている。それ以前の建物にはないことが多い、耐震補強工事で「ほぞ抜け」がないように補強したい。
 羽子板金具、柱抜けを防ぐ  

柱に打ち込まれる前の「くさび」バランスを取りながら打ち込まれる。

柱の耐震補強工事
 1981年以前の建物や手抜き住宅には、これらの金具や「くさび」が不十分で地震による柱と土台が外れ倒壊する。いわゆる「ほぞ抜け」になる、耐震補強工事で補修する。

戻る