ー屋根のリフォーム・耐震補強工事は不可欠であるー トップに戻る
屋根の耐震補強工事
  過去から 地震による被害調査の結果、重い瓦屋根は倒壊の危険が、高いことが知られてきた。リフォームで軽量瓦やガルバリウム鋼板に取り替える工事が薦められる。
  また屋根全体が古く劣化していたら思い切って当社独自工法「屋上ルーフバルコニー」で屋根を取り払い、耐震補強を施したルーフバルコニーを造る事をお勧めする。

雨漏りの補修工事
 雨漏りがするようだと、瓦屋根ならば瓦の取り替え、防水紙の取り替えになるが、ここまで取り替えるなら思い切ってたる木と桁部分の調査をお勧めする。水はしみ込み木材を腐らせる。小屋裏(屋根三角部分の内部)を点検して、木材の腐りによる強度不足をチェックする。

 棟木の筋違の有無と強度不足の点検。耐震補強工事では小屋裏の柱を補強する。筋違いや金具で補強する。屋根の耐震補強工事は丁寧な仕事を要求される大工職人仕事である

模型
戻る